地方銀行の住宅ローンを借りるときの注意点は?審査が甘い?

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

住宅ローンは地方銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。

地方銀行で住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3~4カ月後だと言われています。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

賞与などを利用した返済にするのかしないのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、地方銀行の住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

今はどこの会社も無料で試算できるサービスが豊富で、気になる商品があれば試してみると良いですね。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

数年以内に地方銀行で住宅ローンを希望されている方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

ですので、予想外に必要になる費用も合わせていくらになるか合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実しているおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

地方でマイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

申し込みはお近くの地方銀行や信用金庫またはネットバンクなどからも受け付けています。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大事な点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な審査の対象になりまのでもし心当たりのある方はその点をきちんと整理した上で申し込みをした方が後々自分のためになります。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に地方銀行で住宅ローンを移す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

地方銀行で住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつく今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。

他にも細かい条件があるので、確認しながら今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

地方銀行で住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

参照:http://www.homeloan-guide.net/banks/local/

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

保証料は自己負担ではないので、安心して地方銀行の住宅ローンの申し込みが出来ます。

住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。

申し込みは地方銀行や信用金庫で行っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。

といった様な簡単なものではありません。

不可。

という場合もあり得ます。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低ラインと言われています。

地方銀行の住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もありフラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。

という所を重点的に見る。

という点です。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

自分の家が欲しいと思ったとき住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

地方銀行や信用金庫などから申し込みができるのでせっかくですから評判が良い所が良いですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか働いている方の態度や店の感じまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり良い契約を結びたいと思っている人にとって貴重、かつ良い参考になると思います。

これから新築で家を建てる方も、中古物件を検討中の方も申請する際に火災保険に加入する必要があります。

月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合に月々の支払いを安くするために申請しなければ、他の費用と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

こうした負担を防ぐために、保険に加入することで契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

数年以内に、大きな買い物ともいえる地方銀行で住宅ローンを申請したい方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々あり場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申請後は金融機関側の審査がありパスしないと先にはいけません。

重要な判断材料はお給料の事や勤続年数、仕事内容などがあります。

あわせて、カードローンの使い道などもチェックされるので仮に地方でマイホームの購入を今後検討しているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

マイホームが欲しい!と思ったとき住宅ローンが力になってくれるでしょう。

銀行・信用金庫から申し込み可能ですがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってそれぞれですが最長で35年の期間が借り入れ可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

おおかた、40歳オーバーの申請から難しくなるケースが多いようです。